Dell Inspiron 5480に2.5インチSSDを増設!

だいぶ時間が空いてしまいましたが、昨年2月に購入したDellのInspiron 5480は元気に動いています。

Inspiron 5480はストレージとして256GBのM.2 PCIe NVMe SSDが搭載されていますが、個人的には少し物足りない感じです。
元々のM.2 SSDを大容量のものに交換することも可能だと思いますが、クローンの作成などの手間が掛かります。
Inspiron 5480は内部に2.5インチHDD/SSDを増設できるようになっていますので、これを利用しない手はないです。
と言うことで、DellのInspiron 5480に2.5インチのSSDを増設したお話です。

Inspiron 5480の分解方法

分解方法についてはリンク先の記事をご覧ください。
毎度のことながら、分解や増設は自己責任でお願いします。

分解する際にはスマホの修理キットに入っているプラスチックのヘラのようなものがあるとやりやすいです。

SSDの搭載準備

最近のノートPCはバッテリーが内蔵されているので、何よりも先にバッテリーからの給電を断ちましょう。
右下に見えるのがバッテリーです。

このバッテリーは”MB”と書かれたシールの下にコネクタがあります。
シールをめくり、現れたコネクタを下に引っ張って外しましょう。

その後電源ボタンを数回押して内部に残った電荷も逃がしておきましょう。

今回のSSD増設のためにはバッテリー自体も取り外す必要があります。
バッテリーを固定している赤丸で囲った4か所のねじを外して、バッテリーを取り除いておきます。

SSDの増設

2.5インチのSSDが増設できるのはこちらの写真の部分です。
スペースがあるだけでなく、ちゃんとマウンタも付いています。
赤丸の4か所のねじを外してマウンタを取り出します。

マウンタを見てみると側面にSSD固定用のねじが4つ付いており、さらに黒いカバーの中にはSSDとマザーボードを接続するためのケーブルがあります。


ねじはともかく、この専用ケーブルが無かったらSSDの増設は不可能です。
ほんとDELLを選んでよかった!

SSDをマウンタに取り付けていきますが、今回使用したSSDはこちらです。
SSDは7mm厚と9.5mm厚のものがありますが、7mm厚のものを選びましょう。

まず取り外したマウンタにSSDを入れ、マウンタに付属していたねじで側面4か所固定をします。

続いて付属のケーブルをSSDに取り付け、マウンタを本体にねじ止め後、ケーブルをL字に折り曲げます。
(元から折り目が付いているはず)

そしてケーブルをマザーボードのHDDと書かれたコネクタに接続します。


ここまでできたら後はバッテリーを外した時と逆の手順でバッテリーを取り付けます。

最後にベースカバーを取り外した順と逆に付けて作業終了です。

Windowsで認識させる

物理的な取り付けができたら、Windows上でSSDを使えるようにします。
Windowsのスタートメニューを右クリックし、ディスクの管理を開くと未割当の領域が表示されていると思います。
その上で右クリックをして新しいシンプル ボリュームを選択します。

後は以下の画像のように設定していきます。
今回は追加したSSDを丸々Dドライブに設定しました。





ここまで終わるとエクスプローラーからもDドライブが見えるようになります。

まとめ

DellのノートPC Inspiron5480に2.5インチSSDを増設しました。
SSD以外の必要なパーツが元々PC内部に取り付けられているのはありがたいですね。

増設の難易度はそれほど高くないと思いますが、ベースカバーを開けるのは手間なので、メモリ増設とSSD増設は一度にやってしまうのが良いと思います。

この記事を書いた人

けん
けんTwitter:@suilab_ken
熱しやすく冷めやすく、さらに完全に形から入るタイプ。
電気回路を勉強中のへっぽこ会社員。


好きなレトロゲーム

【FC】テニス、バルーンファイト、ドラゴンバスター、ボンバーマン
【SFC】スーパーマリオワールド、エキサイトステージ、ドラゴンクエストV、VI、ファイナルファンタジーVI
【GB】ラクロアンヒーローズ、モトクロスマニアクス、魔界塔士Sa・Ga

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA