すいラボ

電子部品×アクセサリーユニット「すいラボ」つれづれブログ

ゲームボーイ勝負1本目!-初代ゲームボーイ-

time 2017/01/19

ゲームボーイ勝負1本目!-初代ゲームボーイ-

こんにちは、けんです。

前回予告したゲームボーイ19番勝負を早速始めます!

対戦相手入場!

最初の対戦相手はこちら!
初代!

キャッチコピーは「君とならどこまでも」の初代ゲームボーイ!

こちらは先日ハードオフでゲットした液晶縦線抜けジャンク品です。
お店で動作確認させてもらっているので、電源が入るところまでは確認済みです。

それでは早速直して行きたいと思います。
Let’s Fight!

見た目をチェック!

まずは外観からチェックしていきます。
外装はあまり変色が見られず、かなり上等です。
電池蓋もあるし、爪も折れていません。

電池蓋を開けて中を見ると、端子もさびや緑青が見当たりません。
これは中々当たりです!

続いて電源ON!

電池をセットしてソフトは入れずに起動してみます。
縦線が・・・
“ピコーン”という音とともに、■■■■■■■■の表示。
スピーカーも問題無く鳴るようです。
液晶は店で確認したときと同様、右側に縦線抜けがあります。

続いてソフトを入れて起動。
おー、ちゃんと動いた!
(写真撮り忘れました・・・)

こうなれば縦線が修理できれば初勝利も間近です。

いざ分解!

裏側のねじを外してサクッと分解。

パカッと

初代ゲームボーイは+の精密ドライバーがあれば分解できると思います。
液晶側の基板とカートリッジ側の基板はFFCで繋がっているので注意。
液晶を修理するには液晶側の外装を外す必要があります。

いざ修理!

そしていざ液晶とご対面。
電源を入れた状態で液晶に繋がっているFPCのうち、液晶の線が抜けている部分の下辺りを軽く圧迫してやると、縦線が消えたりするかと思います。
この辺りの接触が悪くて液晶が一部分だけ点かなくなっている訳ですね。

ただ圧迫をやめると再度線が抜けてしまうので、半田ごてを使って再度圧着していきます。

熱の分散+少し圧迫するために半田吸い取り線を使っていますが、吸い取り線は1cmくらいに切って使ったほうがやりやすいです。
さらに写真に写っている黒くて細いゴムパーツを取り外して、そのゴムの下辺りを加熱してやるのがよいかと思います。

圧迫といってもグイグイ押さえつけるのではなく、軽く抑えるくらいでよいかと思います。
経験的には半田ごてで触れながら液晶が点いたら半田ごてだけ外して、少しの間(冷えるまで?)吸い取り線で抑えておくようにすると上手くいくかと思います。

慣れると10~20分くらいで終わるかと思いますが、初めてやったときは日をまたいで3時間くらいかかりました、笑
最初右側が抜けていたのに、やってるうちに右は直ったのに、気がつくと左側で線が抜けていたり・・・

そんなこんなで修理が完了した姿がこちら。
なおったー

きれいに液晶が表示されるようになりました!
この写真では件の黒いゴムパーツは外してありますが、最後に細く切った両面テープを貼って最初と同じように貼り付けておきます。

完成!

最後に外装を組みなおしてゲームが動くようになれば完成です。

音も問題なく出ていて、完動品になりました!

ちなみにこの個体は液晶の保護パネルが外れていたので、両面テープを貼って貼り付けています。
しかし保護パネルをよく見ると右上だけ四角く色が変わっている部分があります。
どうやら一部分だけ保護パネルのコーティングがはがれているようです。

そういやここのハードオフの値札が付いていたような・・・
シールをはがすと同時にコーティングも剥がれてしまったようです、涙
せっかく外装がきれいなので、そのうち代替の保護パネルを買って貼り付けなおしたいと思います。

まずは1勝!

ゲームボーイ19番勝負の記念すべき初戦は勝利を収めることができました。
残り18台も粛々と直していきたいと思います。

最初は月一ペースで直していけばいいやと思ってたのですが、そうすると終わるのに1年半かかることに気づきました^^;
最低、月2台くらい修理できるようにがんばりたいと思います!


その前にSa・Gaでもやるか・・・

この記事を書いた人

けん
けんTwitter:@suilab_ken
熱しやすく冷めやすく、さらに完全に形から入るタイプ。
電気回路を勉強中のへっぽこ会社員。


好きなレトロゲーム

【FC】テニス、バルーンファイト、ドラゴンバスター、ボンバーマン
【SFC】スーパーマリオワールド、エキサイトステージ、ドラゴンクエストV、VI、ファイナルファンタジーVI
【GB】ラクロアンヒーローズ、モトクロスマニアクス、魔界塔士Sa・Ga

down

コメントする




CAPTCHA


書いてる人たち

(夫)けん(妻)もちきん

(夫)けん(妻)もちきん

電子工作・レトロゲーム・DIYが趣味の夫婦。夫の趣味である電子工作の部品をヒントに妻はアクセサリー製作を開始しました。 [詳細]