すいラボ

電子部品×アクセサリーユニット「すいラボ」つれづれブログ

チップチューンへの道!~第2回 MIDIキーボードの分解清掃~

time 2017/02/05

チップチューンへの道!~第2回 MIDIキーボードの分解清掃~

こんにちは、けんです。

実機演奏に必要な物が大体分かったので、早速揃えていきます。

あそこでチェック!

まずはMIDIキーボードですが、もちろんあそこで買います。

そう、我らがハードオフです!

いつものハードオフ巡りの中でチラチラと楽器コーナーもチェックしていたのですが、私がゲームソフトをチェックしているときに妻から「良さそうなキーボードがある」と報告がありました。

曰く、
・48鍵ある。
・操作系のスイッチもいっぱいある。
・メジャーなメーカー製である。
・電源が入るらしい。
・安い。
とのこと。

動作チェック!

そのハードオフにはチェックコーナーがあったので、USBケーブルとAC-USBアダプタを借りて確認したところ、鍵盤以外のスイッチ類は全て生きていそうなことが確認できました。

鍵盤はMIDIで繋がないとチェックできないでしょうし、スイッチ類が生きていれば動くでしょ!という勢いで購入。

EDIROLのPCR-M50。
本体のみで1500円なり。

スライダーのツマミが4個ありませんが、まぁそこは中古だし安いんだから目をつぶります。

どうやって動かすの?

MIDIキーボードをゲットしたものの、MIDIについて無知であるため、どうすれば音が出るのかも分かりません。

とりあえずPCR-M50はPCにUSB接続できるので、ドライバをインストールして、下記のDTMハイパー初心者講座さんを参考にDominoを使って音を出してみることにしました。

Dominoの使い方・インストールと初期設定 – DTMハイパー初心者講座

しかしどのキーを叩いてもうんともすんとも言いません。
なぜだ!

原因調査

完全にMIDI初心者であるため、原因究明が困難です。

・Dominoの設定に間違いがある。
・キーボードのMIDI関係の設定に間違いがある。
・キーボードのドライバ関係に問題がある。
・パソコンに問題がある。
・そもそもキーボードが壊れている。
・そもそもキーボードではない可能性が微レ存・・・・

などなど原因が考えられますが、ソフトやドライバ、MIDI関係になるとお手上げな部分が大きいので、まずはハードに問題が無いかから確認していきます。

レッツ分解!

分解の前にこの機種のことを調べてみたところ、このシリーズの持病としてキーの接点接触不良によって音が出なくなるというものがあるそうです。
しかしすべてのキーの音が出なくなる原因とは思えないので、おそらく他に問題があるんでしょう。

とは言え、内部の基板、特にICに問題があった場合どうにもならないので、それは勘弁して欲しいところですが。

早速分解していきますが、この機種の場合は裏側の外周にあるネジを外すと開腹することができます。

くっさー!!

薄々感づいていましたが、前オーナーは喫煙者だったようです。
中を開けたらそれはもう凄まじい臭いが・・・
かなりのヘビースモーカーだったようです。

さらに分解

気持ちを切り替えて続けます。
問題の接点部分にアクセスするには鍵盤を取り外す必要があります。

鍵盤は一つ一つバネがかけられているので、まずはこのバネを外していきます。
バネは白鍵が銀色、黒鍵が真鍮色の2種類です。

バネをすべて外したら、次は鍵盤を外していきます。

白鍵の裏にはC1とかA3とか書かれていましたが、特に数字は関係ないようで、最初からバラバラに並んでいました。
黒鍵はすべて同じ形です。

まだまだ分解

すべての鍵盤が外し終わったら、ようやく接点が付いたゴムパーツがお目見えします。

グレーのパーツがそれです。
ゴムをちぎらないように慎重に外していくと接点が現れます。

ゲーム機のコントローラーと同じで基板上に半月状のパッドが向かい合っており、ゴムパーツにある黒い導電部分が両方のパッドをショートすることにより、鍵盤が押されたと判断する仕組みになっています。

一つの鍵盤に導電パッドが二組ずつあるのは、鍵盤を押した強さを検知するためのようです。

犯人はお前だ!

導電パッドまでたどり着いたので、まずはゴムパーツをつけた状態で上から押してみます。
強めに押したり、左右に少しずらしながら押しても反応はありません。

そこでゴムパーツを取り外して、導電パッド間をピンセットでショートさせてみるとキーボード上部の画面に反応がありました!
念のためすべてのキーで試してみると、すべてのキーで反応がありました。

という事は、まさかの接点接触不良が全鍵盤で起きていたということになります。

いくら持病とは言え、そんなことあるんですね。

とりあえず色々臭いので、今日のところは鍵盤とゴムパーツを食器用洗剤で洗って、修理は次のエントリーで行っていこうと思います。

この記事を書いた人

けん
けんTwitter:@suilab_ken
熱しやすく冷めやすく、さらに完全に形から入るタイプ。
電気回路を勉強中のへっぽこ会社員。


好きなレトロゲーム

【FC】テニス、バルーンファイト、ドラゴンバスター、ボンバーマン
【SFC】スーパーマリオワールド、エキサイトステージ、ドラゴンクエストV、VI、ファイナルファンタジーVI
【GB】ラクロアンヒーローズ、モトクロスマニアクス、魔界塔士Sa・Ga

down

コメントする




CAPTCHA


書いてる人たち

(夫)けん(妻)もちきん

(夫)けん(妻)もちきん

電子工作・レトロゲーム・DIYが趣味の夫婦。夫の趣味である電子工作の部品をヒントに妻はアクセサリー製作を開始しました。 [詳細]